Tackn's > 解散宣言・「正しい日本語を守る会」 > 「新しい日本語を作る会」 > Here.
Tack'ns

   「新しい日本語を作る会」
 廃止文字の代用方法の統一 (その1)
2005.5.23

 漢字の「夕」を廃止してカタカナの「タ」に統一することは周知の通りである。同様に漢字の「口」を「ロ」、漢字の二を「ニ」、で代用するべきであることも示したが、網羅的に掲示すれば次の通りである。

廃止する漢字 読み(抜粋) 代用するカタカナ
こう
ちから
ゆう
うら
また
しめ
くち
 本改訂はあくまでも、全く区別できない文字を統一するものであり、似た形状の文字を統一するものではない(コンピュータや活字の書体によっては区別できる場合もあるが、手書きした場合に文脈がないと判断できないものは、あくまでも“区別できない”と考えるのである)。従って、下記のような代用は明らかに行きすぎで、規則の濫用であるといっても過言ではない。これでは返って混乱の原因となる恐れがあるため、これらの場合は従来通り漢字を用いる。
廃止しない漢字 読み(抜粋) 代用候補のカタカナ
もく、きホ →代用せず
もう、けモ →代用せず
ゆうびんばんごうテ →代用せず
ひ、かんチ →代用せず
 ところで、先の改訂により漢数字は全て廃止することになっているから、下記の3文字については、代用文字が重複する。
廃止する漢字 読み(抜粋) アラビア数字で代用 カタカナで代用
はち
せん1000
 代用するべき文字が一通りに決まっていないと、混乱の原因となるだけでなく、日常生活にも支障を来す恐れがある。そこで、これらの3つの場合にはアラビア数字ではなく、カタカナで代用することに統一するものとする。なぜなら、アラビア数字に比べるとカタカナの代用案の方が、元の漢字と形状を変えることなく移行できるからである。

例:
  「春日八郎」→ ○「春日ハ郎(かすがはろう)」
  「春日八郎」→ ×「春日8郎」
  「千駄箇谷(旧・千駄ヶ谷=東京都渋谷区の地名)」→ ○「チ駄箇谷(ちだがや)」
  「千駄箇谷(旧・千駄ヶ谷=東京都渋谷区の地名)」→ ×「1000駄箇谷(せんだがや)」

 同様に、アラビア数字「2」「8」は廃止とする。また「1000」も「チ」と表記すること。

例:
  「これを8つ下さい」「200円になります」「1,000円でおつりありますか」
   →「これをハつ下さい」「ニ00円になります」「チ円でおつりありますか」

 これらの代用をスムーズに行い、かつ聞き分けられるようにするためには、小学校低学年などの早い時期から国語カリキュラムに取り入れる必要がある。また、2や8といったアラビア数字が外国で使われていることは、早くとも小学校を卒業してから知ることが望ましい。

 平成16年度以降に発売する電子計算機(ワープロ等)においては、上記の漢字やアラビア数字を表示する機能を搭載してはならない。



madeinwariofan765 さんのコメント:
π=3.14159ニ6535ハ9793ニ3846ニ6433ハ327950ニハハ4197169399375105ハニ097494459ニ307816406ニハ6ニ0ハ99ハ…
アラビヤ数字の2と8の廃止はやめてください!!
数学で困ります!
        
改定前 y=2x²+10x+12

改定後 y=ニx⁼+10x+1ニ

イコールか2か分からんわ!!
数学者はどうすりゃいいの?
英語で論文を書くときはどうすりゃいいの!?
No.18
閉鎖希望 さんのコメント:
婆亀! No.17
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  3
4点  0  
3点  3
2点  3
1点  157
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  25947
【検索キーワード】(旧数字)×1242   (旧漢字 数字)×1047   (旧漢字 数字)×801   (漢字数字)×163   (数字 旧漢字)×152   (代用漢字)×131   (旧漢字 検索)×105   (旧漢字 千)×99   (千 旧漢字)×97   (漢字の数字)×93   (旧漢字数字)×81   (数字 旧漢字)×61   (旧 数字)×52   (旧漢字 漢数字)×47   (漢数字 旧漢字)×45   (数字漢字)×45   (旧漢字検索)×41   (数字 漢字)×33   (旧数字 漢字)×32   (旧漢字 ゆう)×26   (旧漢字 漢数字)×26   (ゆう 旧漢字)×24   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。


戻る(「新しい日本語を作る会」へ)