Tackn's > 解散宣言・「正しい日本語を守る会」 > 「新しい日本語を作る会」 > Here.
Tack'ns

   「新しい日本語を作る会」
 「ヘ」の字の廃止
2004.9.12

 「ハヒフヘホ」の「ヘ」の字は、「はひふへほ」の「へ」の字と形状が同一であり、一般論として判別が不可能である。事実、印刷書体の多くが、「ヘ」を、ひらがなとカタカナで同じ形状を利用している。例えば、PCで普及している「MS P明朝体」では、両者は完全に同じである。

 形状が同一な文字というのは、もはや同じ文字と見なすべきである。特に仮名文字は表音文字であるから、仮に文脈でどちらであるか判断できたとしても、形状と発音が同じである以上、2個存在する意義がないのである。

 こういった文字の存在は、外国人等による日本語の習得の際に、混乱の原因となっている。

 従って、カタカナの「ヘ」は廃止とする。従来「ヘ」を用いていたところへは、ひらがなの「ヘ」を用いることとする。

例:
  「ヘアスタイル」→「へアスタイル」
  「ベーコン」→「べーコン」

 「セ」と「せ」、「モ」と「も」も形状が酷似しているが、完全に同一ではないので、しばらく経過観察措置とし、10年後に再度、廃止を検討するものとする。

 カタカナの「リ」とひらがなの「り」については、多少の違いがあるものの、書体によっては同一の場合もあり、同じであると見なして良いのではないだろうか。従って、「へ」と同様に、思い切って廃止し、ひらがなで代用するのである。

例:
  「ヘリコプター」→「へりコプター」

 平成16年度以降に発売する電子計算機(ワープロ等)においては、上記のカタカナを表示する機能を搭載してはならない。



閉鎖希望Q さんのコメント:
婆萱老! No.27
学園天国2 さんのコメント:
♪ヘへヘへヘ ヘへヘへヘ
 ヘへヘへヘ ヘへヘへヘ
 へ ヘ へヘへヘ ワォー
No.25
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  15
4点  2
3点  31
2点  30
1点  339
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  14871
【検索キーワード】(へ ヘ)×124   (へ ヘ)×104   (へヘ)×97   (繝倥∈)×36   (ヘ へ)×35   (へ ヘ 違い)×28   (へりコプター)×25   (ケーシー高峯)×20   (へとヘ)×17   (へとヘの違い)×14   (ヘの字)×13   (ヘ へ)×13   (への字)×10   (ヘ)×10   (カタカナのヘ)×6   (世界の中心で愛を語る)×6   (字の廃止)×6   (ひらがなのへとカタカナのヘの違い)×6   (へアスタイル)×5   (ひらがな へ カタカナ ヘ)×4   (ひらがなとカタカナの違い)×4   (へ ヘ 違い)×4   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。


戻る(「新しい日本語を作る会」へ)