Tack'ns > Here.

文科系と理科系のあくなき闘い
 なぜ文科系・理科系という区分を人はしたがるのだろうか? 人によっては、理科系・文科系という順番で言うのを好むかも知れない。果たして、文科系と理科系は、何か厳密に区分されたものなのだろうか?

 文科系・理科系という二分論が成り立つのかということ自体、非常に疑問である。文科系と理科系はひとつの連続体として存在するもので、一方の側を文科系、もう一方の側を理科系と呼んでいるだけかも知れない。このことは二分論そのものを否定することにはつながらない。いかに文科系・理科系が連続体上に分布するものであるとしても、確固たる境界が引かれるなら、二分論は依然として有効だからだ。むしろ、十分な合理性を持って引くことのできる唯一の境界線が存在するかどうかがポイントであると言えよう。

 いずれにしても、文科系・理科系のレッテルは、いったん決まると一生それを背負って生きて行くことになる、非常に重要なものとなっている。これも奇妙なことなのだが、少なくとも現行の社会ではそうなっているようだ。


§1. 文科系の方が威厳があるのは……
§2. そんなのってアリ!? 理科系を粗末にすると国が滅ぶ
§3. 偏った社会科教育 歴史はそんなに重要なのか
§4. おかしい国語という教科
§5. 安易に読書感想文を書かせることの弊害


それでは さんのコメント:
「情報社会学」「統計学」「自然環境」などの文系とも理系ともとれる科目はどうなるのだ No.19
そもそも さんのコメント:
明確に二分できないものでは戦わせることは不可能 No.18
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  53
4点  8
3点  23
2点  3
1点  37
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  26051
【検索キーワード】(文科系)×379   (理科系)×198   (理科系 文科系)×78   (文科系 理科系)×77   (文科系と理科系)×54   (理科系とは)×54   (理科系 文科系)×53   (理科系と文科系)×52   (文科系とは)×40   (文科系 理科系)×30   (文系不要論)×20   (二分論)×17   (文科 理科)×17   (文科と理科)×14   (文科系理科系)×12   (文科 理科)×10   (理科系文科系)×9   (理科 文科)×9   (文科)×8   (文系不要)×8   (理科 文科)×8   (理科系・文科系)×5   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
Tack'ns Entrance