三菱自動車の欠陥車
国民には、自分で自分を守る権利がある。
2004.3.31
タイヤ脱落 代替品「開発に数か月」
 三菱ふそうトラック・バス(昨年1月に三菱自動車から分社)の大型車でタイヤ脱落事故が相次いだ問題で、リコール(回収、無償修理)対象となる約11万3000台のうちの約2万7000台について、同社が欠陥のない部品を交換品として用意できないことが23日わかった。
 同社は、リコール対象だが未使用の部品をいったん装着し、数か月かけて欠陥のない交換品を開発する。国土交通省は、この措置を了承する方針だが、開発までは新品とはいえ安全性に問題のある部品を使うことになり、ユーザーからは不安の声が上がりそうだ。同社は24日、国交省にリコールを正式に届け出る

(読売新聞より)
 三菱ふそうの大型車の後ろを走っていると、突然タイヤがはずれて、とんでもない災難に遭う可能性があるということだ。

 こんなクルマが、しばらくの間でも公道を平然と走ることが許されるなら、ぜひとも、後続車がかなり遠方からでも視認できるようにバカでかい「三菱ふそう 欠陥車」というステッカーを作成し、後部に貼ることを義務づけて欲しい。当然、ステッカーはメーカーの費用負担で作成して、所有者に配る。このくらい当然のことではないか。

 大型車は後ろから見てもメーカーの判別がしにくい。一方で、三菱ふそう製のクルマの中でもどれが危険な車種がどれかはハッキリしているのだ。車間をおいて走るなり、しばらくやり過ごしてから走るなり、他の通行者が自衛のための選択肢を取ることは可能なのだ。危険なことがハッキリしているのだから、一刻も早くそれを察知して必要な行動が取れるように、目立つように表示するのが当たり前だ。そのための情報提供をなぜしてくれないのか。

京都議定書尊重派 さんのコメント:
そんなことよりも自家用車の台数全体を減らすべきだ。
(そうしないと地球そのものが危ない)
No.13
匿名希望 さんのコメント:
三菱ふそうの車だけ全身黄色にする、とか目立つようにしてほしいですな。通り魔が刃物を隠して歩いてるのと一緒なんですから。<5点> No.12
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  207
4点  8
3点  13
2点  13
1点  17
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  14261
【検索キーワード】(欠陥車)×52   (三菱 ステッカー)×31   (三菱ステッカー)×27   (三菱 欠陥)×23   (三菱自動車 ステッカー)×18   (三菱欠陥車)×17   (三菱欠陥車問題)×17   (三菱 ステッカー)×16   (三菱 欠陥車)×16   (三菱自動車 欠陥)×15   (三菱自動車事故)×14   (三菱欠陥)×14   (三菱自動車 欠陥車)×13   (自動車 欠陥)×13   (欠陥自動車)×12   (三菱自動車ステッカー)×10   (自動車欠陥)×9   (三菱 欠陥車)×8   (三菱自動車 ステッカー)×8   (三菱自動車の欠陥)×7   (欠陥車問題)×7   (三菱自動車欠陥車)×6   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「ニュースの節穴」へ戻る