Tack'ns > 最近腹の立つこと > なぜウソをつく? IP電話とビジネスフォン業者 - 悪質な電話関連営業

最近腹の立つこと
なぜウソをつく?
IP電話とビジネスフォン業者 - 悪質な電話関連営業
2003.9.23
 事務所に来る営業マンやセールスの電話で非常に多いものに、ビジネスフォンを売る業者と、IP電話の勧誘というのがある。しかし、これらの売り込みは、コピー機・保険・投資・人材派遣などの良くある他分野のセールスと違い、非常にタチが悪い。というのは、平気で出だしからウソをつくからだ。彼らは最初の一言目で、次のようなことを言う。

・「NTTの電話工事の件でお電話いたしましたが、電話関係ご担当の方はいらっしゃいますか
 工事なんか頼んでいないし、また、しなくてはいけない工事でもない。単に、ISDNなどに乗り換えさせてビジネスフォンを入れさせるか、IP電話に勧誘し、その末に必要となる「工事」の話である。NTTと誤認させるしゃべり口であるが、NTTではない。
 確かに「工事」と関係あるかもしれないが、まだ頼んでもいないしやるかどうかも分からない「工事」の件だ。これは、注文していない商品の「納入の件でお電話しました」と言っているようなもので、ウソといって良いレベルである。

・「回線のデジタル切り替えの件でお電話いたしましたが……
・「このたび○○地区がデジタル切り替えすることにしましたので……
 いずれも、ビジネスフォンを売り込むための口実である。結局、ビジネスフォンを売る話になる。「水道工事により断水します」というお知らせに近い、一種の告知と勘違いさせて、とりあえず話を聞かせる手法だ。この、まるで「デジタル切り替えをしなくてはいけない」かのようなしゃべり口は、明らかにウソである。

 同様に、IP電話の勧誘でも同じような口ぶりが使われる。これらは特別に悪徳業者というわけではなく、この業界ではほとんど9割以上の確率でこのような手口を使うのである。

 こういうウソをつく理由は簡単だ。一に、彼らは電話関連の担当者に取り次いでもらわなければならないが、そのためには「セールス」と悟られないことが重要である。二に、まるでしなくてはいけない工事であるかのように誤認させ、受注率を高めるというものである。彼らは彼らの利害で動いているわけだし、そういうテクニックが有効だというのは分かる。しかし、他の分野のセールスでは、大抵、「ここまで図々しいウソ」を「どの業者もそろって」「最初の一言めから」は、ついたりしない。どうして電話関連の業界が、このように突出していかがわしい手法をとるのかはナゾである。


【ビジネスフォン】
ビジネスホン。複数の電話回線を引いて、どの回線の電話も各席で取れるようにするには、原則として主装置付きのビジネスフォン・ホームテレフォン(またはPBX=構内交換機)を導入する必要がある。
閉鎖希望1 さんのコメント:
婆萱老! No.21
削除希望 さんのコメント:
婆 亀 ! No.20
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  650

4点  18
3点  31
2点  13
1点  31
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  33893
【検索キーワード】(ビジネスフォンとは)×358   (NTT ビジネスフォン)×330   (電話業者)×207   (ip電話 ビジネスフォン)×108   (ビジネスホン 営業)×97   (ビジネスフォン 営業)×86   (ntt ビジネスフォン)×86   (NTT ビジネスフォン)×81   (悪質電話)×77   (IP電話 ビジネス)×74   (ビジネスホン 営業)×72   (電話 業者)×66   (IP電話 ビジネスフォン)×59   (IPビジネスフォン)×51   (IP繝薙ず繝阪せ繝帙Φ)×47   (ビジネスフォン 営業)×46   (ビジネスフォン ip電話)×45   (ビジネスホン 悪徳)×44   (ビジネスフォン IP電話)×39   (ipビジネスフォン)×39   (NTT ビジネスフォンとは)×37   (ip電話 ビジネス)×36   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「最近腹の立つこと」に戻る