Tack'ns > 最近腹の立つこと > 音でビックリさせる、まやかしの恐怖映画

最近腹の立つこと
音でビックリさせる、まやかしの恐怖映画
2003.1.18
 怪談やサスペンスドラマなど、見る者を怖がらせることを目標としている映画は、そのストーリーの完成度が低く、話の筋だけで十分に怖がらせることができないときに、「音でビックリさせる」という手段をとることが良くある。私は、これがたまらなくイヤだ。

 要は、不意に大きな音を出して、見る者を驚かせるのである。これは「怖かった」のではなく「ビックリした」という範疇になるのだが、両者は多分身体に与える影響が似通っているのだろう、非常に近い効果を見る者へ与える。その結果として、観客は「怖かった」と勘違いして、「怖い映画だった」という満足感を得ることになる。だが、これはまやかしだ

 同様の論理には、遊園地デートにおけるジェットコースターの例がある。(念のために言っておくと、こちらの稚拙な論理は私の自説ではなく、一種の通説だ) ジェットコースターに乗るとドキドキ感とスリルを味わえるが、それを恋愛感情のドキドキと重ね合わせることができて、良いのだそうだ。つまり、デートの相手は、単にジェットコースターにドキドキしただけなのを、自分へあこがれてドキドキしているように錯覚し、その後の進展に良い影響を与えるという説なのである。

 「リング」(中田秀夫監督、松嶋菜々子・真田広之主演)という映画も私にとっては正にそれであった。ハッキリ言って音さえ大きくなければ私は全然こわくなかった。突然音が大きくなる映画は、劇場で見る場合はよいが、テレビやビデオで見るときには音が大きくなったときにボリュームを合わせることになるので、他の場面の会話が非常に聞き取りにくくストレスにもなる。

※「リング」……鈴木光司著の原作小説は評判が高いが、私は読んでいない。
いずれにしろ さんのコメント:
差別用語使用は信用を落とします。 No.34
続秋田民謡 さんのコメント:
♪ドンドンパンパン ドンパンパン
 ドンドンパンパン ドンパンパン
 ドンドンパンパン ドンドンパンパン
 ドンパンパン
 自慢コ言うなら 負けないぞ
 米コ本場で 酒本場
 秋田のふきなら 日本一
 小野の小町の出たところ
 ドンドンパンパン ドンパンパン
 ドンドンパンパン ドンパンパン
 ドンドンパンパン ドンドンパンパン
 ドンパンパン
 (秋田民謡 「ドンパン節」より)
No.33
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  323
4点  21
3点  38
2点  23
1点  77
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  29199
【検索キーワード】(恐怖音)×82   (恐怖の音)×38   (効果音 腹の音)×29   (恐怖 音)×28   (怖い効果音)×27   (びっくりさせる)×23   (効果音 腹の音)×20   (恐怖効果音)×16   (恐怖の効果音)×16   (効果音 びっくり)×14   (効果音 恐怖)×12   (効果音 びっくり)×12   (効果音 恐怖)×11   (びっくり音)×11   (びっくり 効果音)×11   (腹の音)×11   (ビックリ音)×11   (恐怖 効果音)×10   (効果音 腹)×9   (腹の音 効果音)×9   (びっくりさせる音)×8   (効果音 腹)×8   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「最近腹の立つこと」に戻る