解散宣言・「正しい日本語を守る会」
一般
2002.5.12
 芸能人が、芸能人以外の人を指して、「しろうと」と言うのは正しい。芸能人というのは芸に能がある人である。一方で、私などを含む人たちは、芸のシロウトである。この表現は一見失礼に当たるようであっても、言葉遣いとしては間違いではない。「芸のシロウト」に過ぎないのに「芸の」を省略するのはけしからん、と言ってはいけない。彼らは芸で食っているのであり、玄人・素人を論じるときは常に「芸」に対してに決まっているのだ。これは、日本人が「外人」と言えば、日本人以外を指すのが当然であるのと同様である。

 それに比べると、芸能人がそれ以外の人を指して「一般の方」というのはおかしい。「一般」とは、「私たち以外」という意味ではない。一般かどうかという意味では、彼らだって「一般人」のはずだ。それとも、自ら自分たちのことを指して「特別だ」と言いたいというのか。それこそおごりというものだ。本当に誰が見ても「一般」でない人と言えば、皇族ぐらいではないのだろうか。

 高速道路では最近はETCに対応した料金所が増えてきた。料金所でも「ETC」「一般」「ETC/一般」という表示がなされ、ETCを装備していないクルマは「一般」と書かれたゲートに行かなくてはならない。しかし、この「一般」はおかしい。「一般」とは、「それ以外」という意味ではない。それに、日本道路公団としては、ETCの普及率を高めて、ほとんどの人が「ETC」を通るようにしたいのではないのか。「ETC」「一般」などという区分は、いつまでもETC搭載車が少数派であり、「特殊」でありつづけることが前提のようで、滑稽ですらある。

【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
言葉狩りマン さんのコメント:
この文章の中に「差別用語」あり。
(早急に修正するべし)
No.16
とどのつまり さんのコメント:
「特殊」の反対言葉だ No.15
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  203
4点  24
3点  30
2点  13
1点  25
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  21423
【検索キーワード】(反対言葉)×312   (一般とは)×113   (正しい 言葉遣い)×29   (反対言葉 検索)×21   (皇族言葉)×15   (言葉遣い 間違い)×13   (間違い言葉)×11   (正しい言葉)×10   (反対言葉検索)×9   (一般とは?)×8   (結果の反対言葉)×8   (役不足 反対)×8   (一般 とは)×6   (皇族 言葉)×6   (正しい言葉遣い)×6   (皇族 言葉遣い)×5   (反対言葉 )×5   (間違い 言葉遣い)×5   ( 反対言葉)×4   (一般の反対は)×4   (言葉遣い 間違い)×4   (間違い 言葉)×4   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)