Tack'ns > 最近腹の立つこと > 反省しない天気予報

最近腹の立つこと
反省しない天気予報
2002.3.31
 天気予報士の制度が導入されてから、天気予報はさらに当たらなくなったと言われる。天気予報がアテにならないのは万人の諦めるところではあるが、逆にそういうものだと思っているから大抵は腹は立たない。

 とは言っても、天気予報のせいで非常に困ることもあるのだ。代表的な例は行楽だ。アウトドアを企画していても、天気予報が雨の予報を出すと、必ず中止を提案するメンバーが出てくる。しかし、中止してから実際当日になって晴天だと、非常に面白くないものだ。これは、ただでさえ良くない景気を直撃する。天気予報が当たりもしないのに雨だの嵐だのと吹くことによって、行楽地や観光地・商店街の売上は打撃を受ける。

 さて、私が気に入らないのは、天気予報の無責任さである。テレビ等のニュースで毎日天気予報を扱うのに、どうして昨日出した予報が今日当たったか、という復習をやらないのか。別に「昨日お伝えした予報については、結果として外れてしまい申し訳ありませんでした」と謝れとまで言うつもりはない。予報は予報である。しかし、昨日出した予報が今日まるっきり外れていたとしても、一切そのことに触れずあっけらかんと明日以降の予報を臆面もなくのたまうのは、私から見れば不自然きわまりない。それとも彼らは、過去の予想が当たったかどうかを自分たち自身でも無関心で、当たり外れを気にしていないのだろうか? そんなことでは天気の予報など、できるとは思えない。そもそも天気予報という学問は過去のデータ等の統計的分析こそが最も重要でありそうなものだ。

 テレビについては時間枠の制限によって弁護可能だとしても、最もコストのかからないはずのインターネット上の予報でも状況は変わらない。本来は、天気予報自体の過去に当たった実績(的中率)のデータを取り、どの予報士・予報官・番組・新聞が当たりやすいのかといった格付けを行う機関があっても良いくらいなのである。


閉鎖希望 さんのコメント:
婆 亀 !婆 亀! 婆 亀! 婆 
亀 !婆 亀 !婆 亀 !婆 亀 
!婆 亀 !婆 亀 !婆 亀 !婆
 亀 !婆 亀 !婆 亀 !婆 亀
 !婆 亀 !婆 亀 !婆 亀 !
婆 亀 !婆 亀 !婆 亀 !婆 
亀 !婆 亀 !婆 亀 !婆 亀 
!婆 亀 !婆 亀 !婆 亀 !
No.33
さんのコメント:
「予報」の意味を理解していない No.32
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  182
4点  21
3点  37
2点  33
1点  115
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  14298
【検索キーワード】(天気実績)×18   (天気予報 的中率)×16   (天気 実績)×10   (最近の天気)×10   (天気の実績)×8   (天気予報 腹が立つ)×6   (天気予報 的中率)×5   (過去天気)×4   (天気予報的中率)×4   (天気予報)×4   (天気予報 的中率 グラフ)×3   (天気 実績 過去)×2   (昨日の天気予報)×2   (天気予報  的中率)×2   (天気予報 腹が立つ)×2   (天気予報 腹がたつ)×2   (なぜ天気予報ははずれて腹が立つ)×2   (天気 過去)×1   (天気予報 最近)×1   (過去 天気 実績)×1   (螟ゥ豌嶺コ亥ア 逧荳ュ邇)×1   (昨日の天気)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「最近腹の立つこと」に戻る