Tack'ns > 思想家T氏が語る > (私の墓は誰のもの。)

思想家T氏が語る
(私の墓は誰のもの。)
2001.9.19
(老齢にして身よりのないT氏がある日言うことには)
 私にはいくばくかの財産がある。決して少ない額ではないが、それほど多くもない。しかし、私には妻もなければ子もない。この財産を一体どうしてくれようか。

—— 先生、どこぞやに寄付されてはいかがです?
 寄付などする気はない。私は私の金を自分のために使いたい。他人になんてビタ一文くれてやるつもりはない。
 そうだ、墓を作ろう。古代の王のように、立派な墓をこれから作るのだ。私は、これからはその墓ができていくのを楽しみに毎日眺め、そこに入る日を夢見て余命をすごそう。

—— でも先生、先生が死んだら、その墓はどうなるんです? まさか死んだ先生が死後もそのまま所有者というわけにもいかないでしょう。相続する人もいないし、誰にもあげないんだったら、国に没収されてしまうんじゃないですか?
 うーん、それは困った。この国は、年寄りに死後のお墓の夢も見させてくれんのか……。

—— それじゃ先生、お墓ごと財団にされてはいかがです? 財団法人に。
ハムレットの子孫 さんのコメント:
墓もろとも尼寺へ行け! No.3
匿名希望 さんのコメント:
確かに管理する人がいないと墓は存在し得ない。
身寄りがない場合はどうなっちゃうんだろうな?疑問だ。
No.2
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  55
4点  3
3点  3
2点  3
1点  13
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  11676
【検索キーワード】(墓相続)×58   (お墓の夢)×49   (墓の夢)×25   (墓 相続)×25   (墓は誰のもの)×13   (墓 相続)×13   (お墓 誰が入る)×9   (墓は誰が守る)×9   (墓 誰が入る)×9   (お墓は誰のもの)×9   (お墓は誰が守る)×8   (私の墓)×7   (相続財産の没収)×6   (墓は誰のものか)×6   (墓地は誰のもの)×5   (墓管理)×4   (お墓 誰が入る)×3   (墓 誰のもの)×3   (お墓 誰が)×3   (お墓 誰が)×3   (私の墓は)×3   (身寄りがない お墓)×2   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る