解散宣言・「正しい日本語を守る会」
演出の範囲
2007.9.18
 テレビ番組でのヤラセや捏造に対し、制作者サイドが「演出の範囲」という言葉で正当化しようとするのを聞くことがある。「演出」という言葉は、私の手元の辞書とネット上の辞書を調べると、大体次のように説明されている。

映画や演劇などで、装置・音楽・衣装・演技などを統合して効果を得ること
 まずもって、バラエティ番組やドキュメンタリー番組は、映画や演劇ではない。しかし、そこは目をつぶろう。これらのテレビ番組を演劇になぞらえたメタファーと解釈することも可能だし、転用だという解釈もできる。

 問題は、「ヤラセ」とは「ヤラセである」ことがバレないように行なうものであることだ。脚本通りの虚構を、まるで偶然・自然に起こった現象のように、あるいは、ある人が自発的に取った行動であるかのように見せるのである。これは、演出とは言えない。

 演出は、「なるべく演出であることがバレないようにする」という性質のものではないのは明らかだ。優れた演出とは、そもそも全体が虚構であることに対しては承知の上で見ていて、その上で「大した演出だ」と見る者を感心させるものなのである。

 従って、全体がフィクションであったり、要所要所にフィクションの要素が散りばめられていることを見る者が認識していない限り、「演出」という言葉は不適当である。バラエティ番組やドキュメンタリー番組などで「ヤラセ」や「捏造」が問題となるようなケースでは、視聴者がそれを事実と誤認して当然のような流れの場合ばかりである。

 手品を手品として見せるのは「演出の範囲」であるが、手品を超能力と誤認させて見せるのは捏造である。受け手がどのように受け止めているかというのは、重要な要素である。

 よって、「演出の範囲」であるかどうかというよりも、視聴者がそれを「演出だ」と分かるかどうかがポイントなのである。多くの視聴者が「演出だ」と分からないような作りであれば、それは演出とは呼べない。捏造と呼ぶべきなのである。

【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
閉鎖希望 さんのコメント:
婆亀! No.3
匿名希望 さんのコメント:
右に採点の項目がありますが、点数をつけるにはものすごく判断に困る文章ですね。

文章の中に論点が2つあります。
日本語として「演出」を使う時に「やらせ」や「捏造」を範囲に含めて良いかという論点に対しては、私は良いと思います。
「やらせ」や「捏造」という言葉を「演出」という言葉で置き換えても良いかという論点に対しては、置き換えてはならないと思います。

あくまで「演出」の範囲の中に「やらせ」や「捏造」が存在するのであって、常識や倫理に反した「やらせ」や「捏造」があった時に、「演出」という言葉に置き換えて片付けてはいけない。
悪いものは悪い。
それだけのことではないでしょうか?
No.2
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  18
4点  1
3点  13
2点  3
1点  23
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  10443
【検索キーワード】(ドキュメンタリー 演出)×71   (演出とは)×31   (ドキュメンタリー 演出)×21   (ドキュメンタリー演出)×10   (やらせ 演出)×5   (やらせ 演出)×4   (ドキュメンタリー 演出 やらせ)×4   (ドキュメンタリー 演出 )×4   (ドキュメンタリー やらせ 演出)×4   (ドキュメンタリー  演出)×4   (捏造 演出)×3   (ドキュメンタリーの演出について)×3   (演出の範囲)×3   (ドキュメンタリーと演出)×3   (演出 ドキュメンタリー)×3   (ドキュメンタリー やらせ)×3   (テレビ 演出)×2   (捏造 演出)×2   (演出とやらせ)×2   (ドキュメンタリー 演出について)×2   (ドキュメンタリー 演出)×2   (バラエティ やらせ 演出)×2   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)