Tack'ns > 解散宣言・「正しい日本語を守る会」 > 申し訳ありません/申し訳ございません (申し訳ないとは)

解散宣言・「正しい日本語を守る会」
申し訳ありません/申し訳ございません
2019.5.26
 「申し訳ない」という単語なので、「申し訳ありません」「申し訳ございません」という言い方は変である。これは、「つまらない」を「つまらございません」とか、「みっともない」を「みっともございません」と言っているのと同じだ。

 「申し訳ない」という謝り方は、なんとなくぞんざいな感じがして、「申し訳ございません」などという言い方がされるのであろう。だが、本来そんなことはない。「本当に申し訳ない」という謝り方は目上の人にも通用する適切な言い方だ。

 丁寧にしたい場合は「申し訳ないことを致しました」「誠に申し訳ないです」と言えばよい。どうしても「ございます調」にしたい場合は、「申し訳ないことでございます」などと言わねばなるまい。

 「申し訳ない」は不可分な単語であるが、「申し訳」という単語を使うなら「申し訳が立たない」が妥当であろう。この場合、「申し訳が立ちません」「申し訳が立たないことでございます」とすれば丁寧になるが、「申し訳ないことを致しました」の方が美しいことこの上ございません(笑)
【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
現在コメントは登録されていません。
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  1
4点  0  
3点  3
2点  1
1点  1
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  371
【検索キーワード】  まだ検索による訪問者はいません。
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)