解散宣言・「正しい日本語を守る会」
24日
2019.5.26
 14日を「じゅうよっか」、24日を「にじゅうよっか」と読む人が増えていることは、まことに考え物である。とくに後者の方が広く普及してしまい、「にじゅうよんにち」と読む人の方が少数派になってしまった感がある。

 なぜ23日を「にじゅうみっか」とか25日を「にじゅういつか」とは呼ばないに、24日だけは「にじゅうよっか」になるのか、理解に苦しむ。これでは、外人に日にちの読み方を教えるときに、21日以降にもいくつか例外が出てきてしまい、複雑化するではないか。

 ましてや27日を「にじゅうなのか」、28日を「にじゅうようか」と読むなど、もってのほかである。

【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
現在コメントは登録されていません。
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  0  
4点  0  
3点  3
2点  1
1点  1
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  334
【検索キーワード】  まだ検索による訪問者はいません。
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)