解散宣言・「正しい日本語を守る会」
2004.2.26
 「先」はまぎらわしい言葉だ。

 例えば、「今年は田中さんの結婚式と、杉山さんの結婚式がありますが、どっちの方が先でしたっけ?」と尋ねたとしよう。「杉山さんの方が先だ」と言った場合に、これは二通りに解釈することができてしまう。「先」という言葉には、「時間的に先に到来する」という意味と、「さらに向こうに」という意味がある。尤も、この場合だったら前者に解するのが自然なのかも知れない。

 より紛らわしいのは、ドライブ中の会話であろう。運転手が助手席で地図を見ている同乗者に「展望台と、ガソリンスタンドと、どっちの方が先?」と尋ね、「スタンドの方が先だよ」と答えられた場合、結局、現在地から近いのがどっちなのかは、分からない。先に現れるのがスタンドなのか、それとも先の方にあるのがスタンドなのか、区別がつかないのだ。

 この紛らわしさは、実害ももたらす。ドライブ計画は狂うし、「曲がるところと、目印の郵便局はどっちが先?」などという会話で行き違いがあると、道を間違える。タクシーを利用して運転手に道を説明する場合にも、「先」という言葉を使うべきではないだろう。

【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
路線バス掲示板 さんのコメント:
運転中はみだりに話しかけないで下さい No.15
匿名希望 さんのコメント:
口語ではイントネーションが違います。
また、奥(遠い方)か手前(近い方)かを目的として聞く時には、手前を指すのではないでしょうか
No.13
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  77
4点  17
3点  13
2点  13
1点  39
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  16064
【検索キーワード】(まぎらわしい日本語)×167   (先次)×153   (紛らわしい日本語)×116   (まぎらわしい言葉)×69   (まぎらわしい 日本語)×26   (まぎらわしい 日本語)×21   (先次とは)×20   (紛らわしい 日本語)×18   (次 今度 違い)×13   (電車 次 今度)×12   (紛らわしい 日本語)×11   (今度の電車 次の電車)×10   (今度 次 電車)×9   (次 今度)×9   (電車 今度 次)×9   (先次 意味)×9   (次と今度の違い)×8   (次の電車 今度の電車)×7   (今度の電車)×7   (次 今度 違い)×7   (つぎと今度)×6   (電車 次 今度)×5   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)