解散宣言・「正しい日本語を守る会」
退社
2004.2.9
 「退社」という言葉は大変紛らわしい。「退職した」という意味なのか「帰った」という意味なのか分からないのだ。これは文脈によっても判然としないことが多い

 その最も困る場面が、ある社員が帰った後に電話が鳴り、その彼に取り次いで欲しいと言われたときだろう。「退社した」は正しい言い方である。しかし、久しぶりに電話をしてきた人だったら、「退社」は「退職」の意味に取られるかもしれない。また、夕方に鳴った電話で、すでに辞めてしまった社員を指名され、「退社しました」と答えても、「今日は帰った」という意味に取られるかもしれない。どちらも正しい意味なのである。

 ではどう言い換えればよいのか。会社を出てしまったからと行って家に帰ったかどうかは分からないので、「帰宅した」というのはどうもしっくりこない。飲みに行ったり買い物に行っているかもしれないからだ。これらは帰宅の途上での出来事であって、大枠では「帰宅した」という行動なのだという解釈をすればよいのかもしれない。

 少々分析的なことを言えば、「退社」という言葉は、「出社」に対応する言葉としても使われ、「入社」に対応する言葉としても使われているということになる。

出社 ⇔ 退社
入社 ⇔ 退社

 しかし、これほど不思議なことはない。普通に考えたら字の構成から考えて、「入社」と「出社」が対になる反対語であってしかるべきなのだ。「退社」に対応する言葉は「進学」ならぬ「進社」という言葉があればスッキリするだろう。

 しかしそれでもなお疑問は残る。「出社」というのは考えてみれば不思議な言葉で、「会社を出る」という意味ではなく「会社に出る」という意味だ。日本語の「出る」という言葉は紛らわしい言葉で、この場合どこを出たのかと言えば「家を出た」に過ぎない。しかし、会社の前に着いた状態からすれば、どう考えたって「外から会社に入った」になるはずだ。だからといって単に「会社に入った」と表現すると、就職して従業員になったことを指す。

 日本語を学ぶ外国人にとって、これらの言葉による混乱は相当なものだろう。

【免責】このページは、筆者の考えで構成されているものに過ぎません。筆者は国語の専門家ではないこと、記述の正当性は何ら検証されていないこと、記述を参考にしたり転用したりした結果について責任を持てないことをお断りしておきます。
匿名希望 さんのコメント:
あまり使われませんけど、出勤・退勤って表現で間に合いますね。 No.31
閉鎖希望 さんのコメント:
婆亀! No.30
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  538

4点  30
3点  38
2点  13
1点  33
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  175557
【検索キーワード】(退社)×524   (退社 意味)×244   (登社とは)×48   (退社とは)×37   (退社と退職の違い)×19   (退社 意味)×13   (t退社)×13   (退社の意味)×11   (出勤 反対語)×10   (帰宅の反対語)×9   (退勤とは)×9   (帰宅 退社)×8   (退社 帰宅)×8   (登社 意味)×5   (帰宅 退社)×5   (退社 帰宅)×5   (出社 反対語)×5   (退社 退勤)×5   (退職 退社)×4   (帰宅の反対)×4   (帰宅 反対語)×4   (登社の意味)×4   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
戻る(「解散宣言・正しい日本語を守る会」へ)