Tack'ns > 最近腹の立つこと > ピントのずれた、個人情報保護法

最近腹の立つこと
ピントのずれた、個人情報保護法
2009.8.2
 「個人情報保護法」は、いったい何だったのかと思う。これほど、当初の理念とかけ離れた法律は珍しいのではないか。それとも、得てしてそうなってしまうものなのか?

 個人情報保護という観点からは、最もやるべき政策で、一般に求められているであろうことは、いわゆる「名簿業者」の一掃であろう。簡単なことだ。金銭などの対価と引き替えに、個人情報を譲渡することを法律で禁止すれば良かったのである。この一点で、個人情報保護はほぼ十分だったはずだ。(ダイレクトメールやメールマガジン、訪問販売など各種勧誘行為の禁止等は、個人情報保護ではなく別の観点--例えば消費者保護に関する法律など--からの規制するのが本道である)

 では、なぜそれができなかったのか? すぐに思いつくのは、名簿業者の反対だが、名簿業界がそれほどの力を持っているとは思えない。結局のところ、名簿業者から個人情報を入手して営業に役立て、利益をあげていた企業による圧力が大きかったのではないか。また、選挙運動にも名簿は欠かせないのだろうから、名簿の流通自体を禁止するのは、政党としても都合が悪かったに違いない。

 その結果、骨抜きにされてしまい、まるでおかしな法律になった。今や、細かい字で書かれた「個人情報は、○○の目的で利用することがあります」という規約に[同意する]という署名をさせられたり、Webなら[同意するボタン]をクリックさせられる。同意しないとサービスが受けられないので、実質的な強制である。以前なら、「勝手に名簿を流用された」と文句が言えたが、今なら「同意したでしょ?」と言われてしまうことになり、明らかに個人情報保護法がなかった時代に比べて、事態は悪化しているのである。

閉鎖希望Y さんのコメント:
婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 
亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀
! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 !
婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆
亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀
! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 !
婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 
亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀
! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 !
婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆
亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀
! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 !
婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 
亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀
! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 !
婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆
亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀
! 婆 亀 ! 婆 亀 ! 婆 亀 !
No.71
命令 さんのコメント:
消しなさい No.70
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  115
4点  0  
3点  30
2点  11
1点  30
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  10736
【検索キーワード】(ピントのズレた個人情報保護法)×22   (ピントのズレた個人情報)×11   (ピントのズレた個人情報保護)×7   (名簿業者 個人情報保護法)×7   (名簿業者 個人)×6   (個人情報保護法)×4   (個人情報保護法 名簿業者)×4   (ピントのずれた個人情報保護)×3   (個人情報保護法 名簿)×3   (個人情報保護法 選挙)×3   (ピントのズレた個人情報保護方)×2   (ピントのずれた個人情報)×2   (最近の個人情報保護)×2   (署名運動 個人情報保護)×2   (名簿 個人情報保護法)×2   (個人情報保護法 名簿 削除)×2   (個人情報 名簿業者)×2   ("個人情報保護法" 名簿 誕生日)×2   (個人情報保護法 名簿 営業)×2   (個人情報保護法 名簿)×2   (「勝手に名簿を流用された」と文句が言えたが)×2   (個人情報保護法 署名)×2   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「最近腹の立つこと」に戻る