Tack'ns > 思想家T氏が語る > (社会的地位や年収を比べて、人を見下すのは)

思想家T氏が語る
(社会的地位や年収を比べて、人を見下すのは)
2016.1.20
——   先生、今度久しぶりに同窓会があるんですが、負け組だから欠席したと思われるのもシャクだから、気は進まないけど行こうと思っています。
 負け組なのに同窓会に参加するなんて、偉いじゃないか。

——   いいえ、別に負け組じゃないですよ。でも、そう思われるとシャクだから、参加しようと思うってことです。
 では、なぜ気が進まぬのだ。

——   年収や社会的地位で人を判断して、見下されて、不快な思いをするからです。
 なるほど、確かにそういう、くだらない人間は多いのだろうな。年収はなかなか聞けないし正直に話さないだろうが、社会的地位は、個人個人で持っている恣意的な尺度があって、人を判断しやすいからな。医者と弁護士と議員と高級官僚が偉くて、肉体労働者や塾講師、ミュージシャンは下だとか。

——   私は、他の人を、学歴や家柄、年収や社会的地位で判断するようなことはしません。ひとつの要素ではありますが、それを以て成功度合いや幸福度合い、ましてや人間の格付けをしようなど、とんでもないことです。むしろ、品格のない人がやることです。
 だったら別にいいじゃないか。

——   そのこと自体はいいんです。彼らが、自分を勝ち組、私を負け組と思っていたって別に構わない。しかし、それが態度に出て、見下したり、馬鹿にしたりするのは、不快です。
 そりゃ、理由を問わず、見下されたり馬鹿にされれば不快なのは当たり前だ。

——   人を見下せば、嫌われることは自明なのに、彼らはそれをする。というのは、私に嫌われることよりも、見下すことの快感を選んでいるわけです。これがまた、腹が立ちます。
 愉快に思う人間なんて、居ないだろう。

——   見下すことで彼らは勝ったと思ってるかも知れませんが、私は全く負けたとは思っていない。ただ不快なだけなのです。
 本当にろくでもない同窓生と付き合っているのだな。人を不快にさせることによる快感というのがあって、支配欲の一種なのかも知れないが、下等な人間のやることだ。イジメと同じだ。

 そういうときは、心の貧しいヤツだと思って哀れむことだ。自分より下だと思う相手を見て優越感に浸るような人間は、人生の満足度が低いからそうするのである。

世間 さんのコメント:
万札を見て思い出せ(天は人の〜) No.6
お座敷小唄 さんのコメント:
♪人に変わりはないじゃなし
 あの世へ行ったら皆同じ〜
No.5
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  3
4点  1
3点  3
2点  1
1点  3
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  1227
【検索キーワード】(年収で見下す)×1   (年収 見下す)×1   (思想家年収)×1   (人の判断 地位 収入)×1   (なぜ見下す 社会的地位)×1   (比べて見下 年収)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る