Tack'ns > 思想家T氏が語る > (建築士に気をつけろ!!)

思想家T氏が語る
(建築士に気をつけろ!!)
2015.10.30
——   友人が独立して建築事務所をやっているので、いずれわが家を建て替えるときには頼める人がいて安心です。
 ははは、せいぜい、カモにされないように気をつけることだな。

——   どういうことですか?
 建築士というのは、人の予算で自分の趣味の創作をするという、特異な仕事である。一見、商売としては普通のように見えるが、ちょっと違う。

 普通のメーカーは、低コストで一般受けするものを製造して販売するのが基本である。そこへいくと、建築家は、得てして奇抜な建築をしたいと考えているが、自己の所有する建物としてはお金がなく建てられないので、自分の創作意欲を他人の金で満たすのである。

 従って、建築士は、友達や親戚、“友達の友達”が家を建てる機会を手ぐすねを引いて待っているのである。金持ちなら金持ちなほど、ありがたい。予算が取れるだけでなく、金持ちのプライドをくすぐれば、より芸術性の高い奇抜な建物でも受け入れてくれるのだから。

 知り合いの建築士に自分の家を建てさせるなんて、とんでもないお人好しと言わざるを得ない。

——   なんか、偏見に満ちてないですか?
 金持ちの家は、近年、だいたい住みにくくて奇抜だ。それは、金持ちは横のつながりが多く、建築士の知り合いが多いからだ。逆に、金持ちを食い物にして渡り歩いている建築士は、金持ちから別の金持ちを紹介してもらっては、他人の金で自分の自己満足の作品を作るのだ。

 奇抜で、暖かみを感じない、ただ住みにくいだけの家を建てられて、そこに住んだ家族はもう家庭崩壊なのだ。事実、そういう家庭を私は知っている。結果、子は自殺、両親は離婚という悲劇の結末だった。

——   きょ、極端ですね??
 ほんとうの話だ。だから、知り合いに建築士がいるなら、食い物にされないように、気をつけねばならない。

 賃貸物件を建てるにしても、余計なお金をかけて建てて「デザイナーズ物件」のようにされたところで、それによって家賃を多く取れるわけでもなく、単に高コストになるだけだ。

——   まあ、そういう側面もあるかもしれませんね。
 側面どころではなく、本質だ。公共工事がその最たるものだろう。東京国際フォーラムだって、東京都庁だって、普通に四角いのを建てれば100億円ですむものに500億円かけたようなものだ……都庁の場合は1500億円だったかな?

——   そういえば、白紙撤回になった「新国立競技場」もひどいものでしたね。
 あれなど、自ら「私はカモですから、私のお金で、あたなの芸術作品を作ってみませんか?」と言ったようなものである。

 「お金はたっぷりあるから、奇抜なものを作ってね」と言って公募したのだろう? 馬鹿げている。

 「300億円で競技場を作れるプラン、募集!」とやれば、もっとクールでコンパクトなプランができあがっただろう。箱もの行政は、建築士の創作意欲の食い物でしかないのである。

さんのコメント:
資本主義の常識 No.2
無冠の文明評論家 さんのコメント:
一理はある。しかしそういった設計ゴロはいずれ淘汰されて消える。私の場合は35歳で自家を建てたが、基本は私が(建築家としては素人だったが)基本的な間取りと外観の設計をえがいて近所の一人棟梁に頼んだ。棟梁は確かな腕だったが、建築士の資格を持っていなかったので、建築許可を取るためだけの設計図を知人の一級設計士に書いてもらった。その設計料が総建築費の一割で、相場だということだったので了解したが、まあ、必要経費だったということだ。もちろん、自家のアイデアも出せない人間は、金さえあれば一流の建築家設計士に頼むのは悪いことではないと思うぞ。 No.1
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  3
4点  2
3点  3
2点  3
1点  3
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  833
【検索キーワード】(建築思想家)×1   (建築士 他人 知人)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る