Tack'ns > 思想家T氏が語る > (消えた年金)

思想家T氏が語る
(消えた年金)
2009.3.12
——  先生、私のところにもねんきん特別便が来ました。しかし、どうも、学生時代に払っていたはずの国民年金がなくなっているようです。
 まったくひどい話だ。

——  社保庁の職員の年金、同じように消えたりしているのでしょうか。
 さあどうかね。消えていないだろうね。

 しかし、消えた年金の率と同じだけ、社保庁職員の将来の年金給付は減額するべきだろう。受給中のOBも含めてね。

 そうすれば、少しは自分たちの問題ととらえて、真剣に取り組むだろう。不明な年金の率を減らせば、それだけ彼らの給付も元に戻してやる。

——  でも社保庁の職員は、ただのサラリーマンです。彼ら一人一人にまで、責任は求められないのではないですか?
 ばか言ってはいけない。そんな甘えた話、民間企業なら通じる話ではない。

 たとえば旅客機で、ミスにより機内食の積み込み数が足らなかったとする。そんなとき、機内食をもらえない乗客がいる一方で、乗務員はみんな機内食を食べているなんて馬鹿な話はないだろう。まず乗務員が辞退し、それでも足りなくて初めて、乗客の分が足らなくなるのではないか。

 機内食が足りないのが乗務員のせいではなく、地上の職員のミスであったとしてもなお、そんなことは全く問題にならないだろう。

 しかし、現状は正に、一部の乗客が機内食にありつけていないのに、乗務員は全員ちゃっかり食べているのも同然なのである。こっちは払ってきた年金が、社保庁のせいでなくなってしまっているのに、それに対応している社保庁の職員は涼しい顔で満額給付される……なんて、こんなばかな事に黙っている国民はちょっとお人好しすぎる。

 機内食のたとえでも分かるように、普通の感性を持っていれば、とても申し訳なくて箸をつけられず辞退するのが当然であろう。社保庁でも志ある職員たちで、「私たち一律、受給する年金のうち○○%は辞退します」ということを言う一派を結成したっていいくらいなのだ。

 彼らが当たり前の顔をして年金を受け取るのは、人として恥ずべきことだと言えよう。

桃色婦人 さんのコメント:
♪消えますよ 消えますよ
 消えます 消えます 消えます〜
No.5
民間 さんのコメント:
民間だって偽装や保険給付金不払い等がある。よく民間ならというが、民間万能主義には限界もあることを理解すべき。 No.3
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  15
4点  2
3点  13
2点  3
1点  31
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  5528
【検索キーワード】(消えた年金)×27   (機内食辞退)×3   (機内食 足りない)×2   (消えた年金 グラフ)×2   (消えた年金 グラフ)×2   (消えた年金 キれた)×1   (機内食 辞退)×1   (ねんきん特別便 学生時代)×1   (機内食 足らない)×1   (国民年金 学生 消えた年金)×1   (機内食が足りない)×1   (消えた年金 学生時代)×1   (ねんきん特別便 学生時代)×1   (ねんきん特別便 学生時代の年金)×1   (ねんきん特別便 学生時代の年金)×1   ("民間ならという”)×1   (国民年金が消えた)×1   (消えた年金 学生)×1   (消えた 年金)×1   (年金が消えた)×1   (学生時代 年金 不明 )×1   (機内食 積み込みが足りない)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る