Tack'ns > 思想家T氏が語る > (日本人は、無宗教だから我慢好き)

思想家T氏が語る
(日本人は、無宗教だから我慢好き)
2011.7.13
——   今年の夏に見る、日本人の節電に協力する姿勢、すごいですね。誇りに思います。
 そうだな、でも、その我慢強さは、太平洋戦争の原点でもあっただろう。国民の大半が「この戦争はおかしい、負ける」と感じている中で、異常なまでのガマンを軍部・国家に強いられても、我慢し続けた。その結果、日本国民の力で、軍部の暴走を止めることができなかった。我慢強さが裏目に出た例と言える。

 今回の節電も、「地震や津波で発電所が簡単にやられた」ことがまず責任追及されるべきだ。なのに、その尻ぬぐいでこれだけ節電を強いられても、真剣にイヤな顔をしている人が実に少ない。

——   日本人は確かに、我慢強いですよね。
 我慢強い、というよりは、ガマンすることそのものが好きなのだろう。ガマンにより達成感や自己満足を得ようとするところがある。ガマンしている人たちを見ると、ある種の充実感であふれていて、幸せそうですらある。

 これは多分に、多くの日本人が無宗教であることと関係があろう。

——   どういうことですか。
 人間は、自らを「罪深い」と考えるようにできている。

 その点、宗教をまじめに信じている人は、毎週お祈りに行ったり、お布施や寄付をしたり、苦行を行ったりすることで、「贖罪」がすんでいると実感できる。

 だが、多くの日本人は、これらを行なうほど信心深く、宗教を信じていない。

 実は日本人は、罪悪感から逃れるため、宗教行為の代わりに、「ガマン」によって贖罪を果たしてきたのである。これはもはや、代理宗教、ガマン教、だ。

 ガマンさえすれば、天国に行ける。

——  そんなこと言って、また怒られますよ…
 宗教に入信している人と、そうでない人との間で、「ガマン好き」さ加減に有意な差があるかを、調査してみたら面白いだろう。

 しかし私が気になるのは、ガマン好きで、我慢強さを美徳とする国民性は、必ずしも良い結果を招かないように思えることだ。

閉鎖希望 さんのコメント:
婆 亀 ! No.3
匿名希望 さんのコメント:
無宗教なのではなくて、思想そのものを宗教のものだと認識していないだけのことだろう。 No.2
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  8
4点  0  
3点  3
2点  3
1点  3
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  3696
【検索キーワード】(我慢が好き)×5   (日本人の我慢強さ)×4   (日本人 我慢)×2   (日本人 思想家)×2   (日本人 我慢)×2   (我慢強さ 裏目)×2   (螳玲蕗 謌第「)×2   (日本人まじめ節電)×1   (日本人 無宗教)×1   (国民性 ガマン)×1   (日本 宗教 )×1   (日本人 無宗教 地震)×1   (日本人の我慢強さは異常)×1   (地震 日本人 我慢)×1   (日本でガマン)×1   (我慢 宗教)×1   (日本人の我慢)×1   (日本人 我慢 地震)×1   (日本人の国民性 我慢)×1   (無宗教)×1   (日本人 地震 我慢)×1   (我慢 好き)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る