Tack'ns > 思想家T氏が語る > (オリンピックの時代は終わった5)

思想家T氏が語る
(オリンピックの時代は終わった5)
2012.7.31
——   オリンピックが始まりましたね。盛り上がってきました。
 また、始まったな。全く、白々しくて話にならない。

——   何がですか?
 まず、真夏に家でオリンピックを観戦するというほど、節電に悪いことはない。エアコンよりも大きな消費電力のテレビを、真っ昼間に、個々の家でクーラーをつけて見る。最悪だ。

 本当に節電が必要なら、市民ホールなどでパブリックビューイングを行い、家に閉じこもらないことを推奨すべきだ。まあ、上映権の問題で無理なのだろうが。

——   確かに、節電には悪そうですね。
 だが、テレビは、そのことに一切触れない。それはそうだ、高い金を出して買った放映権で、高視聴率を取って儲けさせてもらわねばならないからな。だが、政府も電力会社も、「昼間に家でオリンピックを見るな」という要請はしていない。要するに、節電は本当のところ不要だということだ。

——   なるほど。
 それに、今回のオリンピックは、テレビ各局と電通が、なりふり構わず感動を盛り上げて、東京オリンピック誘致への気運を高めるのだそうだ。メダルが取れようが、取れまいが、五輪誘致へつなげる演出をするらしい。だから、わしが前から言ってきている「お仕着せの感動」のオンパレードになることは確実で、うざいどころか逆に白ける。

——   なぜ電通なのですか?
 なんでも、東京開催ともなれば、JOCを中心とした大会の運営の実働スタッフとなるのが電通であり、オリンピックをまるごとプロデュースできて丸儲けらしい。

——   しかし、それはおいといて、日本人選手の活躍ぶりを応援するつもりはないのですか? 先生がこれほど愛国心に欠けるとは思っていませんでした。
 冗談ではない、そんなもの愛国心でも何でもない。

 選挙の投票も行かず、反原発デモなどに参加したりもせず、オリンピックで日本を応援することが「愛国心」だと思っているなら、とんでもない話だ。

 本当に必要なことをせず、スポーツ祭典で日本を応援して「愛国心」を満たしているのは、都合の悪いことから目を向けている「後ろめたさ」があるからこそだ。その「贖罪」に、スポーツ祭典を利用した似非の愛国心で、自己欺瞞に逃げているだけだ。そんなことだから、オリンピックは、百害あって一利無しなのだ。

Hope to close さんのコメント:
Very stupid! No.3
閉鎖希望 さんのコメント:
婆 亀 ! No.2
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  4
4点  0  
3点  3
2点  3
1点  3
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  2377
【検索キーワード】(オリンピックをプロデュースするには)×1   (電通 オリンピック)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る