Tack'ns > 思想家T氏が語る > (男はみんな変人)

思想家T氏が語る
(男はみんな変人)
2012.9.1
——   先生、あの時々くる人、変人じゃないですか? 挨拶しても無視するし、話しかけても会話を拒絶してるとしか思えない反応です。
 まあ、世の中、変人は多いからな。特に、男は変人が多く、年を取るにつれその割合も増える。そして、寂しい老後を送るのが宿命なのだ。

——   女と違って、男が変人なのですか。
 そうだ、男は、年を取ると共に、社会的地位や年収、成功の度合いに差が出てくる。そして、ラインから外れた人は、すねて卑屈になるのだ。

——   女は違うのですか?
 女は、若い頃は、容姿・美貌の度合いに差があるが、年を取るにつれて、みんな一様に醜くなっていき、差が縮まっていくのだ。しまいには容姿などどうでも良くなり、プライドを捨ててみんな仲良くなれる。

 男が、社会的地位や年収など、スタートラインが一緒で、年と共に差が出てくるのと対照的なのだ。

——   なるほど、そういうことですか。
 だから、おばさん同士は、群れて楽しくやっているが、おじさん同士はあまりそういう交流はなく、さみしい老後を送ることになるのだ。一部、寄り合いや社交の場に顔を出すのは、成功者か、元もと気にしない性格の人かどちらかだ。

——   じゃあ、中高年の男の人は、変人の割合が多くて、あまり関わりたくないですね。
 そんなことはない。この変人こそ、愛すべき存在で、観察の価値があるし、シャイでとてつもなくかわいいではないか。みんな、自分を守るためにやっていることだ。本当にいけ好かない変人もいるが、多くは、か弱い存在の不器用で哀れな変人なのだ。

——   そうですか。でも、自分は、変人にはなりたくないものですね。
 しかしなぁ、本当は、本当の人生は、変人になってから始まるといっても良い。

 順風満帆で、例えば出世街道を歩いている人は、諸々、我慢をし、やりたいことをやらず、やりたくないことをやり、自分を殺して生きていると言っても過言ではない。

 そんなことよりも、早くラインから外れて人生を投げて、自分の思うままにおもしろおかしく生きた方が得だし、何より、それが本当の自分なのではないか。

——   それはそうかもしれませんが、変人が本当の自分なのですか?
無冠のデジタル評論家  さんのコメント:
興味のある説だ。老後の男が群れない理由のひとつを明快にしている。だが、それは理由の一面に過ぎない。変人そのものの分析としては物足りないし、変人が皆愛すべきいきものかといえばそうではないだろう。当然ながら変人はそれ自体ダメ人間なのだから、この説はかなりバイアスがかかった変人同情説っぽいものだ。真の変人は次元が異なった世界に居るものだ。真偽を見分ける目が必要なのはいうまでもない。更に女に変人が居ないという説もたくみにジェンダーの問題を外しているが、やはり脳のつくりの問題も大きいと思うぞ。世の女どもは躍起になって反対するだろうが。 No.3
世間 さんのコメント:
性別だけでレッテルをはるのは間違い。
(変人の女もいれば、まともな男もいる)
No.2
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  8
4点  0  
3点  3
2点  3
1点  3
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  2761
【検索キーワード】(成功者 変人)×2   (老後は群れないで生きる)×2   (思想家 変人)×1   (成功者 変人)×1   (成功者 変人が多い)×1   (世の中 変人 割合)×1   (次元は変人)×1   (変人)×1   (男の思う)×1   (変人として生きていく)×1   (変人 関わりたくない)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る