Tack'ns > 思想家T氏が語る > (友達ができない)

思想家T氏が語る
(友達ができない)
2012.4.19
——   先生は、親しいお友達といえば、どんな人がいますか。
 友達と呼べるような奴は、おらんかもしれぬ。

——   それは寂しいですね。友達、作らないんですか?
 そういうわけではない。だが、人間と人間が単に仲良くなるだけでなく、真にうち解けて友達だと実感するには、苦労を分かち合わなければならない。

 共同して1つの仕事に取り組んで苦労するとか、同じスポーツチームに属して練習に励み戦うとか。

——   いいじゃないですか、それこそ本当の友達です。
 だが、「同じようにひどい目にあった」という場合も同様で、実は、苦労を分かち合うことよりも、「一緒にひどい目にあった」ことの方が重要かも知れぬ。

 苦労や「ひどい目」を伴わない、単なる順調な共同作業ではダメなのだ。苦労や困難が必要で、これは、「ひどい目」ということに他ならない。

——   なんか、見方がゆがんでませんか?
 「一緒に堪え忍んだ仲」と言っても良いかも知れぬ。

 ともに兵士として敵地で戦った、戦友がその最たるものだろう。現代のわれわれの日常生活では、旧日本軍などにおける戦友のような、そこまで堅い友情を得ることは、普通では難しい。しかし戦友とは、想像を絶するような深い友情なのだろう。

——   で、先生は、そういうお友達は、いらっしゃらないと?
 苦労するのもいやだし、ひどい目に遭うのもごめん被りたいからのう。

 友達ができんわけじゃ。ふぉっ、ふぉっ、ふぉ。

トッポギョラン さんのコメント:
♪どうぞ勝手に〜 No.1
他のコメントも読む...
コメントを投稿できます】 >>大きなウィンドウで書く...
お名前(省略可):
メールアドレス(省略可):
削除キー(省略可):  (確認画面が出ます)

5点満点で本トピックを採点して下さい。
点数 票数   グラフ                     
5点  2
4点  0  
3点  3
2点  3
1点  3
(連続投票はカウントしません)

【ページビュー】  2509
【検索キーワード】(議論 勝ち負け)×1   
本記事へのリンクはご自由にどうぞ。
「思想家T氏が語る」へ戻る